「ほっ」と。キャンペーン

青年海外協力隊としてガーナに上陸!


by miduhyo0711wa

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

当然のことながら、ガーナでは水道水をそのまま飲むことはできません。
濾過・煮沸して飲むか、飲料水を買って飲みます。
ガーナ人も私たちもよく飲むのが「ピュアウォーター」と呼ばれる袋入りのお水(1袋5ペセワ<約3.5円>)です。
最初は袋の端を歯でちぎってチューチュー飲むのに抵抗があったり、
500mlという量が多すぎたりと問題もありましたが、
乾季カラカラの今、500mlなんて軽く飲み干せるようになりました。
でも、この袋がゴミとなりそこら中にこの袋が落ちています。
これは私の家のすぐそばの景色。
f0204578_1919587.jpg

ゴミの処理については、世界中どこも重大な問題ですが、ガーナのゴミ問題も大変です。
そんな中、先輩隊員にひとつお店を紹介してもらいました。
このお店は、不要になったピュアウォーターやアイスの袋を利用してバッグなどを作って販売しています。
これも、前回同様、百聞は一見に・・・です。
まず、袋をきれいに洗います。大変な作業です。
f0204578_19221669.jpg

たくさんの袋を干していました。
f0204578_19235332.jpg

袋一枚一枚をミシンでパッチワークのようにつなぎ合わせています。
f0204578_1926121.jpg

水に強いすてきなリサイクルバッグのできあがります。
私は、お財布を購入しました。

今、このピュアウォーターバッグを広めようと頑張っている隊員がいます。
実は、私の同居人です。
彼女に教わりながら私も作ってみました。
ガーナ服の余り布を使ったポーチです。
f0204578_19292897.jpg

そしてこれは彼女からいただいたアイスの袋で作られたミニバッグ。
f0204578_1944153.jpg

クリスマスプレゼントが入っていました。
環境にやさしく、材料費も安く済み、しかも収入向上にもつながる。
この活動、すばらしいと思いました。日本でもできないかな。。。
[PR]
by miduhyo0711wa | 2009-12-28 19:45
22日にアクラから任地ワに戻ってきました。
もともと日本でも、都会慣れしていないので
ワに戻ってくると何だかホッとします。
でも、久しぶりの首都への旅はとても楽しかったです。
目的は、健康診断だったのですが、そのあとちょっとだけロングステイして
いろいろなところに出かけてみました。
まず、行ったのがガーナビーズの工場&市場。
ガラスの再利用でできるガーナビーズの製造工程を見学しました。
当たり前ですが説明がすべて英語だったので、
半分も理解していないのですが、百聞は一見に如かず・・・ですよ。
これからビーズになるガラス瓶たちの中に日本語発見!
f0204578_17572062.jpg

砕いて型に入れています。
f0204578_1864463.jpg

そして窯に投入。(たぶん)40分くらいと言っていました。
f0204578_1884737.jpg

でてきたガラスは熱で真っ赤っか。
f0204578_1924056.jpg

すばやく穴をあけます。
たこ焼きひっくり返しているみたいでした。
f0204578_195394.jpg

冷めたら研磨したり、デコレーションしたりして完成です。
いろんな種類がありました。私の戦利品は・・・。
f0204578_1903321.jpg

ちょっと大人買いしちゃいました。
[PR]
by miduhyo0711wa | 2009-12-28 19:06

素敵な同僚です。。。

12月11日(金)
今日は金曜日。明日いよいよアクラへ出発です。
今週は、学校へ行かずにずっとオフィスに入り浸っていたので
職場のみなさんとたくさん交流できました。
オフィスのペンキ塗りをして、だいぶきれいになったので、
今日はいろんな人と写真を撮りました。
金曜日はガーナの人はとてもおしゃれになります。

まず、この人は私の大好きな語学(ワレ語)の先生です。
f0204578_0312862.jpg

学校の先生の経験もあり、とても優しく教えてくれました。
今も同じ職場なのでいつでも教えてくれます。
GES柄の生地のシャツが素敵です。

この人は前回もお世話になった私のお兄さん。
f0204578_0323115.jpg

「シャミマ(みづほ)、アンスマ(おはよう)」
と、2階から声をかけてくれました。
かっこいいスモックを着ています。

次に、おなじみのホストマザーとその同僚です。
f0204578_0345079.jpg

f0204578_0354840.jpg

彼らはいつも私に居場所を作ってくれる温かい人たちです。

今日は金曜日で、ムスリムのみなさんはモスクへ行く日です。
写真を撮った後、「みづほ、お祈り行ってくるね!」と出かけてしまいました。
金曜は11時くらいから職場がちょっとさびしくなるんですよね。

この人は背が高くて、声も素敵なオフィサーMさん(既婚)です。
f0204578_0375150.jpg

私のことを「My wife!」と呼びます。
今日は、ランチに誘われました。
初めてガーナ人とスポット(居酒屋?)に行きました。
お昼休みなのにビール飲んでいましたよ。
私はもちろんジュース(黒糖ジュース!)です。
Mさんは、クリスチャンなのでお酒も豚もOKなんですね。アーメン・・・です。
今日、初めて豚のレバーを食べちゃいました。
おいしくてびっくり。

アクラへ行く前に楽しいひとときが過ごせました。
首都はうれしいけど、今日はすごく楽しくて、
この人たちと離れるのがちょっとさびしくなっちゃいました。
[PR]
by miduhyo0711wa | 2009-12-16 00:38

バイク点検

12月9日(水)
ワはたくさんの人がバイクを利用しています。
私も9月末からバイクに乗って、ワの小学校を巡回しています。
去年の今頃このためにとったバイクの免許。
クラッチに悩まされ、訓練所でもあんなに練習したのに、
貸与されたバイクは、ギアチェンジはあるけどクラッチがありません。
ほっとしたようながっかりしたような。。。
でも、私の運転はガーナ人から見ても危なっかしいようで、
みんなが心配してくれます。
エンジンをかけてくれたり、広い所まで出してくれたり、
私の周りのガーナ人は、とっても過保護です(*^^)v

1学期がひと段落し、おとといバイクの点検をしました。
ガーナは道路があまりよくないので、こまめにバイクを点検しないと
とんでもない所で止まってしまうことがあるそうです。
日本では、車の点検は専門の人にお任せで全く無関心でしたが
ガーナでは修理屋さんにみてもらうと
「どこが悪いの?走るじゃん。大丈夫!」と楽観的な対応か(ワには多そう)、
どこも悪くないのにやたら直され高額請求されることもあるようなので、
自分の目で確かめるのが一番らしいです。
とはいえ、マニュアルを見ながらの怪しい点検です。
私のバイクは前にも隊員が乗っていたものなので多少問題ありと判断。
結局、バイク屋さんにお願いすることにしました。
でも、どこに頼んでいいのかわからなかったので、
仕事中にもかかわらず、職場の同僚ミスターAに連れて行ってもらいました。
ちなみにミスターAは、ホストマザーのお気に入り(?)で
赴任時から私の面倒をよく見てくれているお兄さん的存在です。
ライトはこの店、オイルはこの店、チェーンはここ!っと3か所まわりました。
分業しているんですね。
これはオイルを抜いているところの写真です。道路沿いですが。。。
f0204578_2282113.jpg


ついでに、無くなっていたチェーンカバーのキャップも購入。
全部で5セディ(約350円)でした。
これで安心、次の学期も安全運転を心掛けたいです。

今週末から健康診断のため、3か月半ぶりに首都アクラへ上がります。
1週間ほど、ワを留守にします。
[PR]
by miduhyo0711wa | 2009-12-11 02:30

手巻きの日

12月5日
ガーナの食事も嫌いではないけれど、
やっぱり日本の食べ物が食べた~いと強く思う時があります。
そんな時はみんなで知恵をしぼってガーナでできる日本食の料理に挑戦します。
ワにはスーパーがありませんので、マーケットか小さな商店で手に入るもの、そして日本の家族からの救援物資(?)を使います。
昨日、前の隊員が残してくれた海苔があったので、ワハウスのみんなでなんと「手巻きずし」をしました。
具は・・・
太~いキュウリ。
白いけど卵焼き。
味がうすいけどウィンナー。
時々手に入るチーズ。
そして・・・日本からの差し入れの鮭缶!!
つけあわせにネギ・レタス。
f0204578_214589.jpg

お刺身や納豆はないけれど、立派なお寿司になりました。じゅうぶんです。
協力隊で生活していると、男性は痩せ女性は太ると言われていますが、
私ももれなく痩せる気配はありません。
どうしてもコロッケが食べたくてお肉を刻んでひき肉にしようとしたり、
パスタの麺で焼きそばを作ったり・・・など、食に関して努力をしちゃうんですよね。
日本人はこうやって(?)おいしいものをたくさん開発してきたんでしょうね。
[PR]
by miduhyo0711wa | 2009-12-11 02:16

ハマターンです

ガーナに来て、3回目の発熱。。。
日本にいるころは熱なんてめったに出ない丈夫な私が、
半年もたっていないのに今回で3回も38度越えしています。
改めて健康の大切さに気づかされます。
日本も季節の変わり目で体調を崩しやすいころですね。
ガーナの気候も変わってきました。
雨が降らなくなったな~と思ったら、急に乾燥がひどくなり、
目は乾き、肌もカサカサして大変です。
近所の草も枯れてきました。
暑いのかと思えばそうでもなく、逆に涼しい。
夜中に急に寒くて目が覚めることもあります。
ガーナでは12~1月ころ、北の砂漠の方から「ハマターン」と呼ばれる
砂まじりの乾いた風が吹いてきます。
今まで晴れていればとてもきれいだった青空がうっすら灰色で、
遠くに見えていた景色も霧のようにぼやけています。
f0204578_2335230.jpg

この砂混じりの空気のせいで、ガーナ人も花粉症のようになっています。
日本ではアレルギーのなかった私でさえ、のど・鼻の調子が悪くなってきました。
家のなかでさえ、掃除をしてもすぐ砂ぼこりがたまってしまいます。
ガーナの人たちは毎年大変だな~。
[PR]
by miduhyo0711wa | 2009-12-03 23:36