青年海外協力隊としてガーナに上陸!


by miduhyo0711wa

チャリング村へ

「ミヅホのバイクでは絶対行けないよ。」
と、雨季にずっと言われていたチャリング村にやっと行ってきました。
そこにはGESから1番遠いと言われている学校があります。
GESの人たちもめったに行きません。
雨期は道が水没していて相当な覚悟を決めて行かないと行けないそうです。
「そんなところへ(運転の下手な)ミヅホを連れていくわけにいかない。」
と言われ、諦めていたのですが、
たまたまスーパーバイザー2人ともっと偉いおばちゃん2人(役職分からない)が
チャリングの学校に車で行くという話を聞き、
行きたい行きたーいと駄々をこね、
無理やり車に乗せてもらいました。

乾季なのでさすがに水没はしていませんが、道はガタガタ。
この道を先生たちは毎日バイクで通っているそうです。
ここは本当に州都なのか?と思わせる景色の中、
到着すると、そこには立派な学校がありました。
子どもたちもきちんと制服を着て、
英語で話しかけてきます。
f0204578_735166.jpg

こちらはKG(幼稚園)
f0204578_7374495.jpg

KGの子の中には、兄弟なのかこんな子もいました。
f0204578_7395951.jpg


そして今日はおまけでくっついてきた私は授業をするわけでもなく、
GESと先生たちとのミーティングに参加するわけでもなく、
学校のそばの岩山にお散歩に出かけました。
f0204578_745147.jpg

きれいなお花に夢中になっていると
「ミヅホ!迷子になるなよ!!」
と、スーパーバイザーが叫びます。
「OK,OK~」と軽く答えると心配になったのか
「だれかマダムミヅホを案内しなさい!」
と命令が下り、6年生の何人かがついてきてくれました。
子どもが私に引率です。
授業中ではないのか?とも思いましたが、
先生たちはミーティング中なので授業はしていないと思い、
気にしないことにしました(^^ゞ日本ではありえませんが・・・
f0204578_7485344.jpg

なかなか紳士的な子どもたちで私を安全に案内してくれました。
この子たちがいなかったら本当に帰ってこられなかったかも。。。
f0204578_7515098.jpg


今日は何もできなかったけど、今度は教材を準備して訪れたいです。
今なら私のバイクで行けるかどうかGESに相談してみます。
[PR]
by miduhyo0711wa | 2011-02-05 07:21