青年海外協力隊としてガーナに上陸!


by miduhyo0711wa

北へ

11月の最後の週末、1月に帰国する隊員の送別会ため、Lawraに行ってきました。Waからさらに北へ約80km。私にとってもこれが最後の北への旅かなと思い、観光をしながら出かけてみました。
現在、ガーナ北部は乾季でハマターンという北の砂漠からの風で涼しいけど埃っぽく、乾燥しています。草は枯れ、野焼きされています。すごい景色でした。
f0204578_6523420.jpg

この時期は、活動中も道の両脇が燃えている中、バイクで走ることもあります。
途中、Jirapaという町でマッシュルームロックと呼ばれる石を見に行きました。
キノコ型の岩ですね。
f0204578_6535835.jpg

ほかにもおもしろい岩がいくつかありました。
f0204578_6555013.jpg

私は怖くて登れなかった岩に同期隊員は平気で登っています。
f0204578_6563796.jpg

その近くで日本人が作ったという橋を見つけました。
乾季のため、橋の下に流れる水は見えませんでしたが、雨期にはきっととても有難い橋なんだろうと信じています。
f0204578_6575784.jpg

その橋の上で会った子どもがバオバブの実を持っていたので、初めて食べてみました。
f0204578_659680.jpg

良くいえば「ハイレモン」のような味。

送別会の翌日は,Lawraからさらに20km北のNandomという町まで行き、ダンス祭を見学しました。日差しが暑かったのでNandomのチーフのテントに入り込み、特等席で見学です。前のほうにいるのがチーフ。
f0204578_705595.jpg

そして相変わらずガーナのダンスは力強い。
f0204578_721430.jpg

f0204578_731072.jpg

1泊2日の楽しい北の旅になりました。
[PR]
by miduhyo0711wa | 2010-11-29 06:36