青年海外協力隊としてガーナに上陸!


by miduhyo0711wa

お昼休みのできごと

午前中は学校訪問、午後はオフィスで教材づくりの毎日。
その合間のお昼休み。オフィスで教材を広げていると、
おじさん2人(同僚です)が、私の作った教材を見ながら討論を始めました。
その教材は、日本の教科書によく載っている計算迷路で、
計算の答えが次の問題の最初の数になっているというもの。
まずガーナでは「迷路(Maze)」があまり一般的ではなく、
その説明から始めたのですが、私が
「迷路って日本語で説明するとなんて言えばいいんだろ?それを英語にスルニハ・・・?」
なんて考えているうちに、2人は辞書で調べ始めました。あわてて私も調べます。
「なるほど、ゴールにたどり着いたら子どもたちはハッピーになるね」
「でも間違えたことに気づかないで、進んでしまう子もいるかもね」
「1つ間違えたら、全部の計算を回れなくなる。だからおかしいことに気づくだろう」
「同じところをまわったりするかも」
などなど、この教材のいいところ悪いところについて話していました。
f0204578_4595742.jpg

「日本の教科書にはこんなゲームがたくさん載っているのかい?子どもが楽しく勉強できるね」
「ガーナの教科書にはないから、ミヅホが作っているものを先生たちに教えてやってくれ」
確かに、今は私が作って学校にあげているけど、私が帰国した後は先生たちが作るかどうかは今の状態では期待できない。
「ダイレクターに言って、先生たちを集めて講習会をしたらどうだ?」と、うれしい提案が。
もともと私の活動計画に教材づくりの学習会を開くことは入っていましたが、
自分の語学力に自信がなかったので諦めていました。
でも、GESの協力があればできるかもしれません。ちょっと考えてみようと思います。
活動も残り5カ月切りました。やれるだけ挑戦してみなくては・・・。

来週は「視察の旅」で母がガーナに来ます。
オフィスの人たちもすごく楽しみにしています。
そんなわけで、母のお迎えに明日アクラへ行きます。
またバスの旅です。今回は初めて「夜行バス」に乗ります。
どうか故障せず、スムーズにアクラに着きますように!!!!
[PR]
by miduhyo0711wa | 2010-10-30 05:15