青年海外協力隊としてガーナに上陸!


by miduhyo0711wa

今学期の活動

今学期は各学校の教室に学習掲示をしようと計画を立てました。
何故なら今は雨期。バケツをひっくりかえしたような雨が突然降ります。
日本では考えられませんが、雨が降ると学校に行けないんです。
せっかく授業の打ち合わせをしても、約束の時間に行けなかったり、
たとえ行ったとしても子どもたちや先生が来ていなかったり、
ということがしばしば起こります
そこで、今学期は行けるときに学校へ訪問し、
子どもたちが休み時間や空いた時間に見て学習できる教室掲示を紹介しています。
もちろん手作り。材料はできるだけリサイクル。
先生たちが自分たちでも作れるように、できるだけ安く作るのが重要です。
アクラのドミトリーで放置されていた不要になったポスターをもらってきて、
裏面をリサイクルしました。ちょっと小さいけど模造紙より丈夫です。
さらに破けないように周りを三つ折りにしています。
そして、厚紙の代わりにジュースのパックをリサイクル。
銀色がなかなかよいです。
f0204578_5325816.jpg


1日に1~2校、多い時は3校訪問します。
そして必ず教室へ行き、自分で貼るようにしています。
掲示板のない学校がほとんどなので、木の枠に画びょうを無理やり刺すか、
土壁にセロテープかでなんとか貼り付けます。
先生たちは、子どもたちが汚すからとか持って行っちゃうからと言って
高いところへ貼ろうとしたり、机の中にしまおうとしたりします。
でもそれでは子どもたちは自由に掲示を見ることができません。
だから私は、子どもの目の高さに貼ることの大切さを伝えます。
汚れたり破けたりするのは仕方のないことです。
f0204578_5514326.jpg

コピー機なしでの20校分の掲示づくりは大変ですが、
オフィスでがんばって作っていると、たくさんの先生たちが声をかけてくれます。
またスーパーバイザーが先生たちに「君たちにもできる!」とナイスな言葉をかけるので、
もしかしたら教室掲示が増えるかも・・・?と期待しています。
[PR]
by miduhyo0711wa | 2010-10-26 05:21