青年海外協力隊としてガーナに上陸!


by miduhyo0711wa

小さな村の学校で

Waの中心から10kmほど離れたGuliという村の学校に行きました。
この学校は去年も訪問していて、気になる学校の1つでした。
f0204578_5444178.jpg

2年生までしかなく、3年生になると子どもたちは村から離れたほかの小学校へ移るそうです。去年、私が訪問した時は赤ちゃんを連れた女性の先生が1人で幼稚クラス、1年、2年と3つの教室を回りながら指導していて、とても大変そうでした。
ところが今年度、校長先生が新しくきて先生たちも増えました。そして3年生も新設されました。
その校長先生は去年までWaの町の中心にあった小学校の校長先生だった人で、私もよく知っている元気な校長先生です。
「やあ、みづほ。私はあの大きな学校からこんな小さな学校へ来たんだ。」と先生。
「タウンから離れていてちょっと大変ですね。」と私が言うと、
「いいや。私は希望してこの学校に来たんだ。私の兄がこの村のチーフなんだ。だからこの学校を立派にしたいと思って希望したんだよ。」と話してくれました。そして、校長先生自ら2年生の教室で授業をしています。担任の若い先生も一緒に指導していました。
私が教室掲示用のポスターを持っていくと、さっそく教室に貼り校長先生が子どもたちをグループごとに呼び、休み時間にできる簡単な算数ゲームの説明をしてくれました。
f0204578_5454037.jpg

f0204578_546163.jpg

それから校舎の裏側に、何かを建てているのが見えました。校長先生に尋ねてみると、
「新しい校舎だよ。見に行こう!」とはりきって連れて行ってくれました。
コの字型のまだ土台だけの校舎でしたが、校長先生は
「こっちが教室。ここは図書室。ここは職員室。ここが校長室だ。」と説明してくれました。
f0204578_547191.jpg

この村の子どもたちが、地元の学校で学べる日がすぐそこまで来ているようで、うれしいです。
いい気分でオフィスに戻る途中、あまりに空がきれいだったのでバイクをとめてちょっと休憩。
f0204578_5492737.jpg

[PR]
by miduhyo0711wa | 2010-10-22 05:50