青年海外協力隊としてガーナに上陸!


by miduhyo0711wa

Mid Term Presentation

ガーナでの活動期間も1年が過ぎました。
この時期に私たちJOCVは首都アクラのJICA事務所へ行き、
1年報告会というものを行わなければなりません。
これまでの活動を振り返り、残りの任期に生かすことが目的です。
この活動報告は、調整員だけでなく事務所で働くガーナ人も聞きます。
したがって、英語で発表しなければなりません。
しかも私はなぜかトップバッター・・・。
このことを配属先の同僚たちに話したら、みんな大爆笑!
「Hahaha--!! Big problem、Mizuho!!」
はい、そのとおり。
英語が苦手なのは事実だから仕方ない。
とりあえず準備を早めに始めました。
発表したいことを日本語で書いたら英語に直す。
そして同じ事務所で働く現地語の先生に頼んで、私のスピーチを直してもらった。
そしてしゃべる練習、練習、練習・・・
ちゃんと私の英語が通じるかどうか、事務所でいろんな部屋を回り発表を聞いてもらいました。
語学の先生、スーパーバイザー、ホストマザー、ダイレクター、会計さんなどなど・・・。
たくさんの人に練習につき合ってもらいました。
私が感想を聞くと、さすがここは教育事務所。みんな褒めてくれます。
お世辞とは分かっていても頑張ろうという気にさせてくれます。ありがたいです。
そしてアクラでの本番。
f0204578_0283773.jpg

f0204578_0293953.jpg

あんなに練習したのに、緊張で原稿から目を離すことができませんでした。
それでもなんとか終了。
心配して電話やメールをくれた同僚にも無事終了(?)の報告ができました。

英語でのプレゼンは大変だったけど、
練習しながら配属先に活動の報告ができたのはよかったと思います。
なんだかんだといって、私のことを心配してくれ助けてくれる配属先に感謝です。
報告会にあたって、配属先のいろんな人との会話が増え、また少し近づけたように感じました。
[PR]
by miduhyo0711wa | 2010-07-25 00:09