青年海外協力隊としてガーナに上陸!


by miduhyo0711wa

研究授業見学

授業を見に行くというスーパーバイザーに無理にお願いして同行させてもらいました。
先生のスキルアップのための授業研究が行われるそうです。
行くと言ったことを後悔するような悪路をバイクで必死に走りました。
やっとの思いでたどりついた電気のない村に小さな学校があり、
校長先生を含めて5人の先生たちがいました。
スーパーバイザーと私を含めて7人での授業研究。
子どもたち相手ではなく先生たちだけで行います。
理科の光の反射の授業でした。
f0204578_6563825.jpg

懐中電灯と手鏡を使って説明しています。
子ども役の先生の中には屁理屈を言って先生を困らせ、
日本と全く同じだな~と思わず笑ってしまいました。
授業後の研究会では、チェックシートを使ったりアドバイスを出し合ったりと
本当に日本での研究会を思い出しました。
私も意見を求められ、ちょっと困りましたが、
「子どもたちの言葉(屁理屈?)にもよく対応して、
 英語の苦手な私にも理解できる分かりやすい授業だったので、
 きっと英語を勉強中の子どもたちも分かると思います。」
と、なんとか(たぶん?)伝えられました。
町から離れた小さな村でも先生たちは頑張っています。
すごいなぁ~とちょっと感動しました。

悪路バイク走行のあと、喉の渇きに耐え切れず、
この学校のそばの井戸の水を飲んでしまいました。
コップの中になんか見えたけど、沈殿するの待って上のほうだけ・・・。
今週末のお腹がちょっと心配です。
だ、だいじょ~ぶ!!!
[PR]
by miduhyo0711wa | 2010-06-26 07:11