青年海外協力隊としてガーナに上陸!


by miduhyo0711wa

アクラ社会科見学・・・その2

当然のことながら、ガーナでは水道水をそのまま飲むことはできません。
濾過・煮沸して飲むか、飲料水を買って飲みます。
ガーナ人も私たちもよく飲むのが「ピュアウォーター」と呼ばれる袋入りのお水(1袋5ペセワ<約3.5円>)です。
最初は袋の端を歯でちぎってチューチュー飲むのに抵抗があったり、
500mlという量が多すぎたりと問題もありましたが、
乾季カラカラの今、500mlなんて軽く飲み干せるようになりました。
でも、この袋がゴミとなりそこら中にこの袋が落ちています。
これは私の家のすぐそばの景色。
f0204578_1919587.jpg

ゴミの処理については、世界中どこも重大な問題ですが、ガーナのゴミ問題も大変です。
そんな中、先輩隊員にひとつお店を紹介してもらいました。
このお店は、不要になったピュアウォーターやアイスの袋を利用してバッグなどを作って販売しています。
これも、前回同様、百聞は一見に・・・です。
まず、袋をきれいに洗います。大変な作業です。
f0204578_19221669.jpg

たくさんの袋を干していました。
f0204578_19235332.jpg

袋一枚一枚をミシンでパッチワークのようにつなぎ合わせています。
f0204578_1926121.jpg

水に強いすてきなリサイクルバッグのできあがります。
私は、お財布を購入しました。

今、このピュアウォーターバッグを広めようと頑張っている隊員がいます。
実は、私の同居人です。
彼女に教わりながら私も作ってみました。
ガーナ服の余り布を使ったポーチです。
f0204578_19292897.jpg

そしてこれは彼女からいただいたアイスの袋で作られたミニバッグ。
f0204578_1944153.jpg

クリスマスプレゼントが入っていました。
環境にやさしく、材料費も安く済み、しかも収入向上にもつながる。
この活動、すばらしいと思いました。日本でもできないかな。。。
[PR]
by miduhyo0711wa | 2009-12-28 19:45