青年海外協力隊としてガーナに上陸!


by miduhyo0711wa

活動しています!

家族から「活動しないで遊んでいるのか?」という疑問がでましたので、
今日は私の活動紹介を簡単にします。
言い訳すると、遊びの時は他の隊員がいるので写真がとれますが、
活動は一人なので英語で精いっぱいの私には、カメラを出す余裕もありません。。。
これは家の近くの小学校。
授業中ですね。相変わらずヤギやヒツジは元気に草を食べています。
f0204578_7183716.jpg


私の配属先ワ市教育事務所では60もの小学校を管轄しています。
私の要請は各小学校を巡回して算数指導を行うこと。
今日で15校になりました。
私の英語力を心配してカウンターパートさんは
「みづほ!低学年はまだ英語がきちんと話せない(というより私の英語じゃわからない?)。
ワレ語を使わなきゃならなくなるから、高学年で授業するほうがいいぞ。」
と、アドバイス(?)をしてくれました。
そんなわけで私はどの学校でも5年生で授業をしています。
また、私のバイクの運転技術も心配しているようで
「事務所から近い学校から始めよう!」
と、行きやすい学校を選んでくれ、しかもスーパーバイザーの同行付きです。
最近知ったのですが、こんなに協力隊員に親切な配属先は珍しいそうです。
それだけ私が頼りないのかもしれませんが、ワの人たちは本当に優しいんです!
日本でもガーナでも、私の同僚はいい人ばかりです。
私は本当にこういう出会いの運がいい。
この人はカウンターパートです。
f0204578_720179.jpg

そして子どもたちと授業風景。
f0204578_7213626.jpg

f0204578_723637.jpg

教室だって教科書だって日本と違うのは当たり前。
教え方だって全然違う。正直、どっちがいいなんて分かりません。
ガーナの先生たちの中にも熱心な人はいて、私自身の勉強にもなります。
私が伝えられることってなんだろう?
日本での経験はもちろん生かしたいけど、押しつけたくはない。
ガーナの学校っていいなぁと思うことも多い。
お互い影響し合っていい授業ができるようになりたいなぁと思います。
子どもたちの元気のよさは日本もガーナも全く一緒。
最初は恥ずかしがって近寄ってこないけど、帰るころには遠慮なく触ってきたり、バイクに乗ってきたり調子にのります。
にくい時はにくい!かわいい時はとてもかわいい!!
日本と全く同じです。
[PR]
by miduhyo0711wa | 2009-11-20 07:24